これで求人確保はバッチリ!厳選した代理店比較サイト ~タウンワーク版~

home > 求人掲載情報 > 幅広い求人か地域を限定した求人か

幅広い求人か地域を限定した求人か

 会社であったり店舗を運営する場合、人材が足りないときには人の募集を行います。コストをかけたくないならハローワークを利用するとよいでしょう。
 無料で求人を出すことが出来ます。ただし、情報を見てくれる人が限られているため、目的の求職者が来てくれるかどうかはわかりません。
 民間会社のサービスを利用するときは、求職者は無料で利用でき、求人を出す側がコストを負担する形になります。現在は大きく2つの求人方法が利用されています。


 こちらのサイトは、求人情報サービスを提供するタウンワークの情報を知ることが出来ます。転職や就職を考えたことがない人でも、一度は見かけたり実際に中身を見たことがあるかもしれません。
 駅の近くであったり、フリーペーパーがたくさん置かれている所には必ずおかれています。雑誌状になっているタイプは、決して書店で売られているタイプよりも情報量は多くありません。
 ただ、かなり地域が限定されています。細かく地域分けされ、バイトや正社員用なども用意されています。
 駅などに置かれているのはフリーペーパータイプで、こちらで行う求人はペーパー求人と呼ばれます。
 古くからある方法で、雑誌上のほんの中に情報が掲載されます。掲載できる大きさに種類があり、1ページ、1ページの半分、さらにその半分、3分の1などのスペースが利用できます。
 スペースによって料金が異なり、広くなればその分料金も高くなります。広い場合は情報も多く乗せられるので、求職者も得やすくなります。
 スペースが狭いと、他の情報に埋もれる可能性があります。


 ペーパー求人のメリットは、地域に限定した求職者を探しやすいことでしょう。アルバイトを探すとき、あまり通勤しにくい人だと通勤が原因でやめられてしまうことがあります。
 近くに住んでいる人なら、その心配はありません。また、書店などで売られている情報よりも限定されているので、求職者にとっては非常に探しやすくなります。
 手に取りやすいところに置かれているので、多くの人に見てもらえます。学生や主婦などをターゲットにしやすくなります。
 タウンワークには、フリーペーパー以外の求人もあり、それはWeb求人になります。インターネット上から情報を検索することが出来、他の求人サービス同様に利用者は無料で検索ができます。
 求人を出す側としても、ぺッパー版よりも多くの情報が出せたり、カラー写真などを掲載することが出来るメリットがあります。
 ただし、出す時期によってページが後ろに下がってしまうことがあります。地元以外からも広く募集したいときに向いている方法です。

次の記事へ

ページトップへ